粘土細工

2015年05月19日

どんな手にも答えるタフな癒し系?5

私は子どものころ、粘土遊びが大好きで、
休日は早朝から目を覚まし蒲団に入ったまま
粘土細工をして家族に叱られていました。


当時、使用していたのはグレーの油粘土。
独特の臭いがあり蒲団も臭くなりますから。
それでも、毎週の休日の朝が楽しみでした。


いつも気持ちが曇天のような子でしたが
粘土を触っている時はワクワクと
心が踊っていたのを思い出します。


今、アトリエでは紙粘土を主に使ってます。
紙粘土は臭いも気にならないし、
力の弱い小さい子でも形作りやすいので、
どの年齢の子どもにも大人気です。


最近は様々な色の紙粘土が売られています。
また、それぞれを混ぜてオリジナルな色を
作って使うと楽しさが増します。


大概、変な色になりますが…(笑)。
試すのが楽しいのです。


2色をマーブル状にしたり、金ラメを混ぜたり
子どものアイデアはいくらでも溢れて来ます。


小学生の女の子が私に作ってくれた指輪です。
image
大きなボタンを埋め込んであります。
指にはめてみるとマダム(?)っぽくて豪華。


紐の付いたペンダントは子どもが
使った後の、細かく余った粘土を
寄せ集めて、私が作ったもの。


こちらはチープ感がハンパない…(笑)。
乾燥させてからニスを塗りました。


粘土はこねたり、丸めたり、のばしたり、
つなげたり…どんな子どもの気持ちにも
タフに答えてくれる素材です。


形にならなくても、手触りだけでも
充分に心を癒してくれる子どもの友達です。




人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!

atelier1pikineko at 12:07|PermalinkComments(0)

2015年01月23日

触ってみたら「ヒエヒエぬくぬく」「ガチガチふわふわ」4

毎年、新潟はセンター試験の頃になると
路面が凍結するような風雪になります。
でも、この1月は暖冬。先月の大雪はどこへ?


とはいえ、寒い冬。朝は布団と別れがたく、
昼はコタツと離れがたいですね。


冬は水も冷たくて…。給湯器は便利です。
子どもの頃の洗面所の冬の水道は
ギンギンに冷えた水しか出ませんでした。


もともと顔が濡れるのが苦手な私でしたので
三本指に冷水をちょっとすくって
頬をチャチャっと撫でる程度に洗顔。


そのせいか、高校生になり鏡を見ると
顔の中心部だけが白く、外郭はグルリと
浅黒くなっていることに気がつきました。


メイクで中心を明るく、フェイスラインを
シャドウで引き締め効果…だったらいいけど
この浅黒さは長年の肌の汚れでしたね。


幼児期のエピソードをもうひとつ。
朝寝坊の私は、毎日やっとの思いで起きて
重い足どりで行きたくない幼稚園へ。
陰気な性格で園生活も楽しくなく苦痛でした。


おかげで日曜日はパラダイス!
起こされずとも朝6時には目覚め、粘土細工!
それも布団にうつ伏せに入り、枕元で油粘土。


隣に寝てる姉に「やめて!きったない!」と
よく叱られましたが、無視。
なんたって至福の時でしたから。


油粘土は冬は気温が低いため硬くなりがち。
アトリエで夏に買った色鮮やかな外国製品。
寒くなったら石のように硬くなり冬眠中です。


↓夏に作った油粘土作品です。スイーツ!
image

image
↑虫?三歳児。

粘土は形にならなくても手に持って
こねているだけでいいものですね。
触ってるだけでいいんですね。



人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです。

atelier1pikineko at 13:22|PermalinkComments(0)