カラクリおもちゃ

2015年08月10日

夏休み親子で作るカラクリ工作。クルクル回転寿司の作り方!4

スーパーの広告に
「子どもの人気メニュー」の
ベストテンが載っていました。
第一位は「にぎり寿司」。


お盆に親戚や家族で集まり
お寿司を食べる家庭も多いでしょう。


そんな人気メニューお寿司の
カラクリおもちゃを作りました。
「くるくるカラクリ回転寿司」です。


image


⚫材料…段ボール紙、竹串、ガムテープ、
セロテープ、粘着ビニールテープ、
木工用ボンド、定規、カッター、
ハサミ、キリ、ストロー、アルミ針金
白ボール紙、色紙、手芸綿、フェルト


①段ボールで一辺16.5㎝の立方体を作ります。
側面の1面だけ蓋があくようにしておきます。
私は展開図を書いて作りましたが、
丁度よい丈夫な箱があれば、そのまま使用。


②立方体の天になる面の中心にキリで
穴を開けます。長さ3㎝のストローの半分を
タコ足状にハサミで切り込みを入れ、
穴に被せるように張ります。


image


③内蔵する仕掛けの歯車も
段ボール紙で作ります。
直径12㎝と直径4㎝の物を各2枚ずつ切ります。
写真のようなガタガタな円だと
回転しないのでお気をつけて。


image


④上記③の歯車の同サイズ同士を組み合わせ
両面テープで張り合わせます。
この時、丈夫になるように段ボールの
筋目を90度ずらして張り合わせます。
大・小の歯車が各1枚ずつ出来ます。


image


⑤大の歯車の中心に竹串を刺し
テープや糊でしっかりと固定します。


image


⑥⑤の固定した竹串を②の立方体の
ストローを貼った穴に通します。


image


⑦次は小の歯車。歯車の中心にキリで
穴を開けます。この歯車の心棒はアルミ針金を使用。⑥の立方体の向かい合う側面二面に
針金を通す穴を開けます。穴の位置は上から5㎝で左右幅の中心のところ。


image


⑧針金を一方の側面の穴に外から通し
立方体の中へ入れます。
中で針金を小の歯車の穴に通し、
最後にもう一方の側面の穴に通して外へ。


⑨通したら針金は外へ飛び出させて
飛び出させた部分を一方は5㎝、
一方は10㎝ほど残して切ります。
5㎝の方は穴元から抜けないよう直角に曲げ、
10㎝の方は穴元から直角に曲げ、
またその半分を逆向きに直角に曲げて
歯車を回すハンドルにします。


⑩次は⑧で通した立方体の中の歯車が
ずれないように左右の針金に
粘着ビニールテープ巻き付けます。


image


⑪⑨のハンドル部分に
長さを合わせたストローを被せます。
ストローの曲がる部分を利用すれば
奥までカバーでき、ケガ防止になります。


image


⑫いよいよ寿司を乗せる回転板作りです。
段ボール紙に直径16㎝の円を書き、
切り抜きます。


⑬次に回転板の側面作り。
白ボール紙を縦2㎝×横20㎝の長方形に
縦横それぞれ1㎝のノリシロをつけ
切ります。このノリシロは1㎝おきに
切り込みを入れ山折りにしていきます。


⑭⑫の円を裏返し、⑬の長方形のノリシロを
円の縁に合わせながら両面テープなどで
貼っていきます。


image


⑮⑥の竹串を回転板に刺しつなぎます。
試しに回転させてみて、回転時に立方体と
接触しない高さに調節します。
回転板から飛び出した竹串は切り落とします。
竹串の穴が緩い場合はボンドやテープで
動かないようにしっかり固定。


⑯回転板に模様をかいたり彩色したり
色紙や和柄の紙を貼ったりすると綺麗です。


image


⑰回転板に寿司を乗せる透明の容器を
幾つか貼って出来上がり!透明容器は
御菓子の空き容器を利用。


image


⑱白い綿やフェルト、色紙やストローなど
様々な材料で寿司を作ってください。
粘土など、重量のある素材は重みで
回転しなくなるので、なるべく軽いものを
使用した方が良いみたいです。


⑲いろいろな寿司ができたら紙皿や
割りばしで鮨屋ごっこしましょう。
オプションで鮨屋の暖簾をつけたり
メニューを書いたりすると楽しいですよ!


歯車のカラクリは大人が手伝わないと
なかなか上手く回らないし
とても手間もかかります。


それに、子どもを励ましながら
難しい作業に挑戦させることは
大人にとっても忍耐力が必要ですね。
思わず手を出したくなりますよね。


なんでも手に入りやすい世の中。
たまに親子でアナログな
スロー工作してみませんか?




人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!

atelier1pikineko at 23:32|PermalinkComments(0)

2014年10月03日

食べれない「くり?」のおもちゃをちゃちゃっと作ろう。3

秋の味覚といえば芋・栗・柿・・・
まだまだありますなぁ。あぁ肥える物ばかり。


なぞなぞ・・・栗は「くり」でも、
食べれない「くり」は、な~んだ?


正解は、じゃ~ん!「からくり」です。
ということで、からくりおもちゃを作りました。


image


「からくり」といっても、下の写真のように
単純な仕掛けで、小学生でも簡単に作れます。


image


箱の中のからくりを簡単に説明しますね。
太めの針金Aと、細めの針金Bを用意します。


Aの中央部分を「Uの字」に曲げます。
箱の両側面に穴を開け、Aを通します。


穴から出たAの両側の先端部分を抜けない
よう、折り曲げます。この時、片側の先端を
長めに取り、ハンドルにします。


次にもう1本の針金Bの先端を箱の上部に
穴を開けAに向かって垂直に通し、極小さな
輪にしてAの「Uの字部分」に とりつけます。


Aのハンドルを回す。

Aの「Uの字部分」が回転。

Bが上下して揺れる。

針金Bのフリーになっている方の先端に
動かしたいモノを作って、くっつけると
「からくりおもちゃ」になるわけです。!


アトリエの小学生は「花畑の上を飛ぶ蝶々」を
作ることにしました。


花畑の花は花びらを重ねてつくりました
大きく開いた花から香りがしてくるようですね。


image


蝶々の羽の左右と裏表は、それぞれ色と模様を
変えてあります。この発想、なかなか無いです。


image


image


色合わせが美しい作品。蝶が動くと一層華やか。
蝶々の部分が取り外しが出来ると、いろんな蝶に
着せ替えができて、面白いかもしれませんね!


私もヒラヒラと飛びたいなぁ~!



人気ブログランキングへ

atelier1pikineko at 21:24|PermalinkComments(0)