サンバ・マンボ

2014年10月02日

おばさん、サンバを踊りまんぼの巻4

子ども達に五感をフルに使って創作できる
機会を提供したいと試行錯誤している日々。


やってみないとわからない~♪
ということで今回はこんな事をやってみました。


今回は五感だけでなく+直感も。


頭空っぽ、音楽に合わせ絵を描こう!
題して「えんぴつサンバ500!」
500とは色鉛筆が500色あるから。


南米・ラテンのリズムに体を揺らしながら
何も考えず紙に直線・曲線を鉛筆描きします


頭を空っぽにするのは簡単ではありません。
人間って何かしら思って考えてますから。


子ども達に頭を空っぽにしてもらうには
まずは私が空っぽに・・・羞恥心を捨て
妻・母・嫁そして女を捨てた48歳。


活動の前日に鶏の被り物を頭にタンバリンを
打ち鳴らしながら踊る練習をしました。


image


サンバやマンボのCDをかけ、「テキーラ!」
なんていう、掛け声も入れたりしていい感じ


好きな「マンボ№5」のCDを
レンタルできなくて残念。
でも、子ども達はきっと喜んでくれるわ!


当日、アトリエの子の前で踊り狂いました
「嫌だ~!先生の踊り、気持ち悪~い!」
ε=ε=(;´Д`)


撃沈(涙)・・・心折れそうになりましたわ。
でも結局、その子もネコの耳を被り
マラカスを振りながら踊っておりました(笑)。



image


踊りながら、何枚か描いたら、好きな絵を選び
描いた線の区画ごとに色鉛筆で色を塗ります


これも、なるべく考えこまずに
心の赴くまま直感で色を選んでいきます
意外な色の組あわせに新発見があります。


image


そのまま作品にしていいし、切ってコラージュや
工作の素材として使っても面白いですよ。


今回は彩色した2枚のうち、1枚を葉書サイズに
トリミングして額に入れフレームも彩色ました


image



↓↓↓ワクワクする色合いです。
image


↓↓↓カラーインクやポスカも重ね塗り。
image


それぞれに言葉でタイトルつけたり、
文章を加えたりすると違う意味合いも出て、
思わぬ方向に発展して面白いかもしれません。


複数枚の絵と言葉をつなげて行って
ストーリー仕立てにするのも楽しいでしょう。


また、色々やってみますよ~ン!





人気ブログランキングへ

atelier1pikineko at 17:13|PermalinkComments(0)