2015年06月

2015年06月30日

童謡「歌を忘れたカナリア」はどうする?5

子どもの頃、家に父親が買った
童謡のレコードが山ほどありました。
よく姉妹で聴いていたっけ。


父の好みだったのか、明るい歌よりも
物悲しい曲が多かったような記憶があります。


その中に曲名は忘れましたが、
「歌を忘れたカナリアは…♪」
なんていう曲もありました。


「歌を忘れたカナリア」は
最後には歌を思い出すのだけど
何をしたら思い出したのか
歌詞も忘れてしまいました。


時々、この歌を思い出してみては
「カナリア」を自分に置き換えたりします。


「○○を忘れた」
私は何を忘れたのか…。


そういえば、あんなに絵を描くのが
好きだったのに描かなくなったな、
描くのが苦痛になったなぁと思ったりして。


子どもの描画や工作の興味は
10歳位で薄れていくそうです。
才能のある子ども、極めて興味のある子ども
以外は他のことにエネルギーを向ける
ようになるのだそうです。


私は大人になっても絵を描くことをはじめ
造形活動全般が大好きでした。
でも、ここ数年は制作していません。


ところが、最近また絵を描き始めました。
きっかけはアートセラピーの講座です。


講座の中のクレパスでのアートワーク。
評価を気にせずイメージしたものを描くという
ワークを繰り返していて思い出しました。


好きなものを描く。頭に浮かんだものを描く。
「そういえば、そうだったな。」
子どもの頃の感覚がジワジワと蘇って。
image


ここ数日、オイルクレパスで色画用紙に
描きたいものを描きたいように描いてます。


クレパスはネチネチと指について真っ黒に。
なんだか、それすらも心地好く
今は描くことが楽しいと思えます。


アトリエに来てくれている子ども達も
いつか描くのをやめるのでしょうか。


それでも、大人になって楽しい記憶として
残っていればいいなぁと思うこの頃です。





人気ブログランキングへ↑プチッと応援よろしくです!

2015年06月09日

梅雨の夜、妖しい占い師あらわる!5

ここ新潟って梅雨入りしたっけ?
と思っていたら夜中から雨が。
どおりで昨夜は蒸していたわけです。


「サバイバルガーデン」と呼んでいる
庭の緑が、雨に濡れて深~い色に。


サバイバルガーデンとは
植えっぱなし園芸家の私は
生き残りを植物にまかせているので
そう呼んでいます。


昨夜はアトリエに小学生が来ました。
小学生も中高学年になると下校が遅く
アトリエに来るのは夜になります。
夕食のお弁当持参の子もいます。


子ども達も忙しいんだなぁ…
なんて思うのでアトリエでの活動は
急かさずに緩い時間を
過ごしてもらっています。


昨日は製作が終わってから
楽しい夜(よる)遊びしました。


真っ暗な部屋で懐中電灯だけ。
布を被った占い師。
占い1回五百円の立札。
image


魔女に魔法をかけられ
御爺さんになった女性。
占い師ネネ・ダンダーラ先生に
助けを求め占ってもらい…
image
(見たら呪われそうな写真ですみません。)


などというエンドレスな「占い師ごっこ」。
雨の前の妖しい風が、窓から吹きこみ
ムードを盛り上げてくれました。


暗がりで写真を撮っては大笑い!
楽しい時間でした。


ごっこ遊びや絵本の物語。
子どもは空想と現実の世界を
行ったり来たりしています。


行ったり来たりして
生きる力をつけているのですね。




人気ブログランキングへ↑プチッと応援よろしくです!





atelier1pikineko at 08:31|PermalinkComments(0)ごっこ遊び | 子ども