2015年05月

2015年05月19日

どんな手にも答えるタフな癒し系?5

私は子どものころ、粘土遊びが大好きで、
休日は早朝から目を覚まし蒲団に入ったまま
粘土細工をして家族に叱られていました。


当時、使用していたのはグレーの油粘土。
独特の臭いがあり蒲団も臭くなりますから。
それでも、毎週の休日の朝が楽しみでした。


いつも気持ちが曇天のような子でしたが
粘土を触っている時はワクワクと
心が踊っていたのを思い出します。


今、アトリエでは紙粘土を主に使ってます。
紙粘土は臭いも気にならないし、
力の弱い小さい子でも形作りやすいので、
どの年齢の子どもにも大人気です。


最近は様々な色の紙粘土が売られています。
また、それぞれを混ぜてオリジナルな色を
作って使うと楽しさが増します。


大概、変な色になりますが…(笑)。
試すのが楽しいのです。


2色をマーブル状にしたり、金ラメを混ぜたり
子どものアイデアはいくらでも溢れて来ます。


小学生の女の子が私に作ってくれた指輪です。
image
大きなボタンを埋め込んであります。
指にはめてみるとマダム(?)っぽくて豪華。


紐の付いたペンダントは子どもが
使った後の、細かく余った粘土を
寄せ集めて、私が作ったもの。


こちらはチープ感がハンパない…(笑)。
乾燥させてからニスを塗りました。


粘土はこねたり、丸めたり、のばしたり、
つなげたり…どんな子どもの気持ちにも
タフに答えてくれる素材です。


形にならなくても、手触りだけでも
充分に心を癒してくれる子どもの友達です。




人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!

atelier1pikineko at 12:07|PermalinkComments(0)子ども | 粘土細工

2015年05月17日

秘密のアトリエこっそり看板作り5

ずっと前から作りたいと思っている物が2つ。
1つはアトリエの看板、もう1つは掛け時計。


初めて来る人に電話で道案内すると、
「目印の看板ありますか?」と聞かれるので
奮起して屋号「1ぴきネコ」の
小さな看板を作ってみました。


image


手順は以下の通りです。


①工作用桐集成材の板をノコギリで
作りたい大きさにカット。カッターで角を
少し削り丸みを出しました。


②板全体に油性塗料(オイルスティン)を塗布。
色はチーク。焦げ茶色です。
2~3回塗り重ねました。そして乾燥。
image



③乾燥した②に重ねて水性ペンキを塗布。
今回はオフホワイトにしました。そして乾燥。
image



④乾いた③にロゴの下絵を写します。
丁度よい大きさにプリントした下絵の紙の
裏面を濃い目の鉛筆でサーっと塗ります。
その下絵を板の上に載せ鉛筆かボールペンで
なぞって図案を板に転写。
image


⑤板に移した図案の線に添って
彫刻刀で削ります。


⑥削った図案の溝に焦げ茶色の水性ペンキを
極細の筆や爪楊枝の先をつかって着色。
今回は家に余っていた黒板制作用の
ペンキを塗りました。
image


⑦⑥の焦げ茶色がはみ出した箇所は
オフホワイトで修正してゆっくり乾燥。


⑧完全に乾いたら、最後に古ぼけ感を
出すために紙ヤスリをかけて完成!


海からの風が凄まじい我が家の玄関まわり。
どうやって看板をとりつけようか思案中です。



人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!




atelier1pikineko at 14:15|PermalinkComments(0)アート | 子ども

2015年05月06日

あの人へワクワクを届けたい!4

進級してから1ヶ月。少し大人になった
子ども達の自由作品をご紹介します。


新一年生の女の子。トイレットペーパーの
芯に毛糸を貼ってます。何かな?
image

指人形!着物きてる!姉妹なんだって。
image

今度はタコさん。いろんな表情。楽しいね!
image

一人で泣いてる子、どうしたの?
image

みんな一緒で寂しくないよ。
image

綺麗な箱のフタ。何を貼ってるの?
image

お母さんへ人形劇をプレゼントするの。
image

どんな人形劇になるのかな?


いつも、自由製作ではお母さんへの
プレゼントを作る彼女。


お父さん、お祖母ちゃん、先生に
「あげたい、みせたい」という子もいます。


誰かを「喜ばせたい!驚かせたい!」
それがアイデアの源になってるのですね。
そのワクワク、届くといいね!



人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!






atelier1pikineko at 12:58|PermalinkComments(0)アート | 子ども