2015年04月

2015年04月13日

できるかな?背伸びしてみるノッポさん3

子ども向けのアートセラピー講座の修了式で
「子どもの頃になりたかったもの」に変身。


image


私はNHK番組「できるかな」のノッポさん。
体型はゴンタ君に近いのですが…。
あの番組大好きでした。


「できるかな」では無言だったノッポさん。
番組が終わり他局テレビで
普通に話しているのを見て
軽いショックを受けたのを思い出します。


ノッポさんも俗世間の人間だった!
喋るし怒るし食べるし寝るんだろうな。


人間だもの…by相田みつを


人間だものといえば…
大人も子どもと同じ人間。


なのに大人は傷つかないと
思っている子どもが多いです。


子ども達は数々の強力な
言葉のデッドボールを
ぶつけてきます。


「イヤだ!」「つまんな~い」
ワクワクさせられなかったと落ち込み。
(;´д`)


「だったら図工の先生やめたら~?」
未熟な私への強烈パンチ。
(。>д<)


「先生のせいだ~!」
失敗を私のせいにするヤツ。
(ー_ー;)


「君は男なの?女なの?」
君(?)って私のこと?
( ̄0 ̄;)


彼らは賢いので、
ぶつける先を選んでます。


「なに言っても大丈夫な大人」に
光栄にも選ばれてるってことですかね。


私も人間なので激怒プンプン丸に
なりそうな時もあります。


プンプン丸になってしまい
大人げなく喧嘩する時も。


強い口調で大人らしく叱る時も。
(*`Д´)ノ!!!ウリャ~!


そして、また落ち込みます。


難解な性格の子もいます。
「なぜ?」と考えてもわからないので
そのまま受け止めるしかない…。
これには体力がいります。


彼らに元気をもらいパワーアップする時。
20才は若返る~!


彼らにエネルギーを吸いとられダウンする時。
30才は老ける~!


いつも思うこと…。


大人のパワハラになってないか?
密室のモラハラになってないか?


理不尽に叱ってないか?
彼らを尊重しているか?


彼らに傷つけられることを許してないか?
彼らを傷つけてないか?


できるかな?私に…できているのかな?


「いいよ。今のあなたで」と
ゴンタ君に言って欲しいなぁ~。


あっ「ブギュブギュ」しか
言ってもらえないかぁ~(笑)。




人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!

atelier1pikineko at 10:04|PermalinkComments(0)アートセラピー | 子ども

2015年04月10日

絵が教えてくれる子どもの「Change the world!」4

ほとんどの子ども達は絵を描くのが好きです。
でも、中には幼いながらも苦手意識を抱いて
描きたがらない子もいます。


自尊心が高い子は他人のちょっとした
評価に傷ついてトラウマになったり
するのかもしれません。


アトリエに来ている子の中にも
最初は絵を描きたがらない子がいました。


円と直線で人間(頭足人)を描いてました。
筆圧も弱く年齢のわりには幼い絵でした。


私も無理強いせず、造形・描画というより
五感を刺激する素材に触れて
楽しむメニューを考えました。


エネルギー発散!笑って楽しんで!
やってるうちにストーリーが生まれて
ごっこ遊びに発展して行きました。


3回目に来た時に自宅で描いた絵を
持ってきて見せてくれました。
好きなアニメのキャラクターが
何枚も描いてありました。


顔や体もしっかり力強く描いてあり
私も親御さんもビックリ!


彼の中で何かが起こってるんだな~。
すごいなぁ~。


その日は前回描いた島に住む生物と
棲みかを粘土で作りました。


生き物の基地。中には機械が仕掛けられてる。
image


人間+クモ+カブトムシの合体生物!
image


カラフル島に置いてみました。
image


子どもは日々変わっていくものですね。


「うちの子は○○な子」と決めつけたり
心配のあまりネガティブな言葉がけを
親はしがちですよね…。


そういうのは「呪いをかけている」のと
同じだと言う人もいます。


思った以上に言霊のエネルギーは強い。
親の言葉がけは日々、子どもに
刷り込まれて行くんでしょうね。


未知の可能性をどの子も持っています。
昨日と今日と明日、子どもの成長は
じっとしていることはないんですね。
親が追っかけても追いつかないほど。




人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!

2015年04月08日

ザラザラ、サラサラ…手指が感じる砂絵アート!4

我が家は海のそばにあります。
家の周りは海岸と同じで砂地です。


砂を洗って、ゴミを取り除き乾燥。
その砂と購入したカラーサンドを
利用して子ども達が砂絵アートしました


下絵を描いて
image

糊を塗り
image

砂をそのままか
image

違う色の砂を混ぜたりして
image

糊を塗った絵にふりかけます。
image

余分な砂を払ってできあがり。
image

image

image

image

文字を書く強者も!
image

小学校の先生宛のハガキだよ。
image


目を閉じて触るとザラザラ、サラサラ。
手指で感じる絵になりました!





人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!

2015年04月06日

ぐんぐん成長!スケッチブックの中の子ども達。3

関東は桜が満開でお花見時期も終盤ですね。
新潟は早咲きの桜だけ少し咲いています。
入学式の頃は、まだ寒いのが新潟の春です。


アトリエでは子どもの作品を
自宅に持ち帰ってもらっています。


保護者に完成した作品だけでなく
制作中の子どもの様子もお知らせしたくて
写真と文章を小さなスケッチブックに貼り
時々お渡ししてます。

image


作品という結果より、
つくる過程が、子ども達にとって
とても大切な姿だからです。


親は、とかく結果だけを見ます。
子どもの中には
「ママに変だって言われそう」
と気にしながら作ったり描いたりする
親孝行(?)な子もいます。


アートだけはママを気にしないで
やってくれ~と思いますが…。


ほとんどの親が子どもに一生懸命に
愛情を注いで育てます。
子どもの成長に期待します。


自分が達成できなかった目標を
子どもに背負わせる親もいます。


他人から見ると、大きく成長したな~と
思える子も、成績などの結果が出ていないと
なかなか親は気がつかないようです。


私もアトリエの子ども達の記録をしてないと
気がつかないのかもしれませんが…。


我が子が幼い時には見てなかったなぁ~。
成績ばかり気にしてる親だったなぁわ~。




人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!




atelier1pikineko at 14:26|PermalinkComments(0)子どもアートセラピー |