2014年10月

2014年10月31日

ワッショイ土の子の豆絞り軍団

昨日から、こども園の子ども達が作った
陶芸作品を預かって来ました。


プロの陶芸家の工房ならムロという
乾燥室で管理して乾かします。


我が家にはムロはありませんので
あまり使ってない和室の座卓の上に
並べ乾かすことにしました。


鉢や湯呑み、皿や茶碗などの形の物
だと口から先に乾いていきます。


特に慣れない人が作ると口廻りの厚さと
底部分の厚さが倍以上の差があったりします。


厚い底部分は生乾きになったら削ります。
生乾きになるまでは何度となく御世話します。


底の高台部分が乾きにくいので二本の角材の
上にまたがせて風通しよくしたり…。


逆に乾きやすい口廻りは湿った布を巻いて
全体が同じ状態になるよう気を配ります。


一晩たった子ども達の作品を角材にまたがせ
口元には湿った手拭いを巻きました。


私は毎年いくつかの祭りに参加している
ので頂いた豆絞りかたくさんあります。


裂いた豆絞りを一個一個の可愛い作品に
巻いていると、 まるで子どもに
ハチマキをしてあげているようです。

image


手拭いのドットの模様が陽気に見えて
角材の上に並べたそれらはさながら
御祭りの御神輿を引く子ども達のようです。


見てると賑やかな声が聞こえそう!
ヽ(^○^)ノワッショイ!



人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!


atelier1pikineko at 05:30|PermalinkComments(0)こども園 | 陶芸

2014年10月30日

850グラムの塊から生まれる子どもの世界5

昨日は、こども園の陶芸ボランティに
行ってきました!ボランティアの仲間や先生や
保護者の方の御協力で無事に制作できました。


image


37名の年長組の子ども達は興味津々で
私の実演説明を熱心に聞いてくれました。


それぞれに渡された850グラムの土の塊を
前に、キラキラと目を輝かせて
いよいよ制作スタート!


脇見をせず自分の粘土道を猛進して作る子。
友達の作品をよ~く観察して参考にする子。


どの子も飽きる事なく夢中になり
最後まで集中して作っていましたよ。


数日前から園で油粘土を使って練習して
いただけあり、形作りはスムーズでした。


image

後日、削って乾燥させたら素焼きします。
窯に入れた様子を園児の皆さんで
我が家へ見学に来てくれるそうです。


楽しみに待ってま~す!
♪ヽ(´▽`)/



人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!

atelier1pikineko at 05:30|PermalinkComments(0)陶芸 | こども園

2014年10月29日

泣いてる顔も、いつか笑顔になりましたとさ…4

今日は近くのこども園陶芸
ボランティアに行ってきま~す!


数年前に体調を崩してから陶芸を
やめて、それまで使っていた粘土が
淋しく山積みになっていました。


今回、友人や園の先生や保護者の方の
御協力があり、眠っていた粘土や窯
子ども達のために活用してもらえることに!


ボランティアというと相手に何かして
あげるというイメージかと思いですが
私の気持ちは少し違います。


もう人生、終わりだ。」と思った病気の
頃を思い出すと、今こうして皆さんと
関われる事が有り難く嬉しいのです。


子ども達がどんな表情どんな作品
こしらえるのか楽しみです。
エネルギーをたくさん貰ってきますよ!

image

幼児期の泣き虫の自分を思い出し
子どもの顔をフェルト羊毛で作りました。


ちなみに後ろに写っているのは
大好きな荒井良二さんの絵本です。
今日行く、こども園に似た子がいるかな?



人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!

atelier1pikineko at 05:00|PermalinkComments(0)フェルト羊毛 | 陶芸

2014年10月27日

謎のアートセラピスト「赤いベレーの男」できました。4

私 「心と身体のバランスが悪い。
まるで思春期の子どもみたいだわ。」

友 「それを更年期というんだよ。」

私 「ガーン!」


こんな会話を友人としてから五年以上過ぎ
今や更年期まっただなかです(笑)。


人により更年期の症状はさまざまです。
私はイライラがひどくて家族や物に
あたることもしばしばです。


イライラすると何かを壊したくなります。
こういうデストロイヤは少なくないです。


更年期を終了した友人の話…


食器を投げて割っていたけど壊した後に
自分で片付けると虚しいし後悔するのよ。
それでアルミ鍋に変えたけど鍋も凹むのよ。
最後はザルを投げてたわ~。」


なんて先輩もいらっしゃいました(笑)。


食器を壊すのはよくありませんが
大きな犯罪を犯す抑止にはなっています。


最近、続けているフェルティング
グサグサと針を刺す爽快感
暖かい羊毛の手触り


これをやっている時はイライラしません。
何かしら発散できて心穏やかになります。


作ったり描いたりする行為は人の心を癒す
効果
があるのでしょうね。
これは子どもにも言える事です。


子どものアートセラピー
以前から興味があり、ちゃんと
勉強できる所をいま探しています。


新潟にはなかなかないです。
東京まで足を運んでみようかなぁと…。


祖母は80過ぎてからも読書を続けました。
祖父は70過ぎてから英語を勉強してました。
母は60過ぎてからピアノを習っていました。


何歳になっても好奇心があれば
勉強はできるものと信じてます。


ところで癒しのフェルト羊毛4作目は
「赤いベレーの男」です。

image

理系学者の男性顔を目指してましたが
文系自由人風になりました。なぜ〰?
(゜〇゜;)?????



人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!

atelier1pikineko at 00:00|PermalinkComments(0)子ども | アートセラピー

2014年10月26日

お日さまニコニコお子さまニコニコ笑顔満載!紹介パネル3

今日は秋晴れです!行楽日和です!
お日さまニコニコで出かけないと勿体ない
日ですが私は家にいま~す。


自宅で、町の文化祭に掲示する
こどもアトリエの紹介パネルを制作中です。


この一年間の活動の様子を撮りだめた
写真をた~くさん貼って紹介する予定です。
楽しそうな子ども達のニコニコ笑顔が満載!


image


興味のある方ぜひ足を御運び下さい。

2014 聖籠町文化祭
と き 11月2日(日)・3日(月・祝)
午前9時~午後7時(3日は午後4時まで)
ところ 聖籠町町民会 (新潟県北蒲原郡聖籠町)



人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!