初めての遠足で見た「浮かぶ甘えん坊」。その正体は?「なぜ?こわれてないのに笛の音が出ない?」そこに現れた大きな大きな助け舟。

2014年09月30日

満月の夜、江戸時代にタイムスリップさせる篠笛20のフレーズ3

絵を描く。工作する。粘土をこねる。


物語をつくる。ごっこ遊び。作文を書く。


歌う。踊る。祭り囃子を吹く



子どもの頃、これらすべてが大好きでした。


ところが、どれも習い事や学校の授業
やる場合は苦痛でしかたなかったものです。


点数をつけたり、人前で発表するとなると
まったく別のものになるのです。


評価のない遊びの中や、他を意識しない中でだけ
自由に発散でき、自分を癒していたようです。


これら表現方法のすべてを結集したのが
古来より続く「祭り」のような気がします。


小学六年から篠笛を始めて、35年たった
今も、春夏秋と祭り囃子を吹いています。


篠笛が好きというより、お祭りの高揚感
好きなのかも知れません。

実父が危篤の時も祭で笛を吹いてました。
亡くなった後で悔みましたが
まぁ、篠笛は父に習ったのでいいかと・・・。


image
この写真、鼻の穴デカイですね。
ありがたい事に、これも父ゆずり


毎年、実家近くの神社では十五夜祭があり
江戸時代から続く神楽舞が奉納されます。


お百姓の誰が作ったのか分かりません
獅子や天狗がいくつかのストーリーを舞います。


そこに約二十種のフレーズがある御囃子。合間に唄も入ります。
いったい誰が作曲したのでしょうね。


信仰、面の造形美、満月の照明、
笛太鼓のリズム、物語のある舞。


庶民の生活から生まれた芸術・・・
昔は五感が敏感な人が沢山いたのでしょうね。


image
子ども達に五感をフルに使って創作できる
環境を提供したいと日々、試行錯誤しています。


次回は試行錯誤の結果を紹介しま~す。


人気ブログランキングへ
↑プチッと応援よろしくです!

atelier1pikineko at 00:35│Comments(0)子どもアートセラピー | 篠笛

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
初めての遠足で見た「浮かぶ甘えん坊」。その正体は?「なぜ?こわれてないのに笛の音が出ない?」そこに現れた大きな大きな助け舟。